南部義経堂
会社概要  お問い合わせ



                                  
NEW>>「生産性向上の重要ポイント」「ポカヨケシステム(オーダーメード型)」



 生産性向上の重要ポイント >>稼動状況と生産計画の整合性が重要です。




 生産性の向上を実現するためには、稼動状況を可視化しネックを改善する他、生産計画の見直しと質向上が重要です。
 弊社のシステムはAIの理論を用いた生産計画が可能で、生産性の向上に貢献します。



<例> "見える化"により、停止待機時間(黄色)が可視化される。


※図の稼働状況グラフは、アンドンシステムYASで把握できます。
 
可視化に基づき、様々なネックを改善。段取りや、材料切れ、搬入時間など多数を改善。




上図と比べ、停止待機時間が40%減少するが、無駄な停止時間が多く存在する。



考えられる対策はすべて行い、ネックを改善したが、、、

なぜか?


  要因1 人が不足し、停止待機時間が発生している場合も想定され、一般に改善が困難です。
  要因2 生産計画に問題があり、不必要な停止待機時間を発生させてしまっている。 




   無駄な停止待機時間の発生を抑制するためには、ネックの改善の他、不必要な
   停止待機時間を発生させない生産計画の策定が重要です。
   例えば、製造に関わる人数を設定し、複数の装置間で段取り時間が重複しないように
   緻密に生産計画を策定する方策は、人員不足による停止待機時間の抑制に有効です。
   弊社の生産管理システムでは、人工知能に用いられる遺伝的アルゴリズム(GA理論)を
   応用して、製造に関わる人数以外に、製品特性、装置特性など、お客様で想定される
   計画立案で必要な要素をパラメータ化(数値化)し、工程負荷状況も考慮しながら、
   システムが最適な生産計画を考えます。
   システムは平均数秒で、生産計画を自動計算します。
   
   弊社の生産管理システムYPCの運用だけでも、生産性向上を図ることができますが、
   稼働状況の把握を行うアンドンシステムYASと生産管理システムYPCを
   リンクさせることにより、大幅に生産性向上を図ることが可能です。


 >生産管理システムYPCについて


 導入実績はこちら









Page Top▲





 会社概要  お問い合わせ  個人情報保護方針

  © 2016 NAMBU YOSHITSUNEDO All rights reserved.