南部義経堂
会社概要  お問い合わせ






 簡易版 アンドンシステム YAS

 生産性向上、予兆管理や予防保全、IoTやMESの基盤構築が可能です。



簡易版 概要 抵コストで簡易に導入可能です。詳細はページ中を参照して下さい。

 1, 装置1台または単一工程に特化したアンドンシステムを構築します。データ自動収集は標準装備です。※a
 2, 信号灯の状態をリアルタイムでモニタリングします。※b
 3, 装置PLCと接続し、温度、圧力など装置の状態をリアルタイムでモニタリングします。※b
 4, データは常時(1秒以下)で自動収集し、リアルタイムで警報表示や状態把握が可能です。
 5, リアルタイムで装置情報の波形データ変換を行い、1秒毎の時系列データの表示も可能です。※b
 6, 稼働中、待機停止中、異常停止中の状態をグラフ表示します。稼働率や生産数の情報表示も可能です。
 7, 監視履歴の検索が可能です。ロットやシリアル別の通過した装置情報の確認も可能です。
  検索情報はCSV出力します。 当システムで分析管理のベースを提供し、予兆管理や予知保全の基盤が構築できます。
 ※a 単一工程の例は、検査工程にPCが接続され、検査データを対象としてアンドンを行う場合など
 ※b 機能は、簡易版のタイプで異なります。下記一覧表をご確認ください。


簡易版タイプ一覧と価格 下記のタイプに該当しない場合は、ご相談ください。 
 図中の記号について 〇 → 有り - → 無し
タイプ 信号灯 PLC PLC外部出力 機能 PCへデータ格納済み※1 アンドン対象※2 価格
タイプ1  工程データ(検査データ等) 300,000
タイプ2  信号灯 300,000
タイプ3  信号灯 300,000
タイプ4 有無を問わず  信号灯+装置情報 400,000
タイプ5         タイプ1 + タイプ2またはタイプ3  工程データ+信号灯 400,000
タイプ6         タイプ1 + タイプ4  工程データ+信号灯+装置情報 500,000
 ※1格納データのファイル形式は、CSVまたはTXT形式であること。
 ※2 タイプ4と6の場合、信号灯を監視対象としない場合であっても、価格は上記の通りです。

簡易版 YASの価格に含まれるもの
簡易版YASソフト(自動収集ソフト含む) / PLC端末1台および通信ケーブル等 / PC1台および通信ケーブル等 / システム構築工費および諸経費

構築タイプ

機能例

 >信号灯の監視モニタリング
 装置異常発生 / 異常時間 / 異常回数
 生産数 / 生産達成率 / 生産タクト
 稼働時間 / 稼働率

 簡易版 アンドンシステム YASの機能例

 ・データの自動収集

 ・装置情報の波形データ表示と、1秒毎の時系列データ取得
  (時系列データは波形をワンクリックし表示します)

 ・警報メッセージ表示
  (リアルタイムで異常内容をPC上で知らせます)

 ・装置状態のリアルタイム画面表示
  (生産中、停止中、装置異常など状態表示)

 ・稼働率、生産数、装置異常回数等を1画面表示

 ・監視履歴の検索照会

 ・各種データのCSV出力

 ・各種パラメータ設定
 (警報トリガー値変更や、合否許容値の変更、警報メッセージの変更など)

 >装置状態の監視モニタリング
 温度 / 圧力 / 回転数
 電圧 / 周波数
 稼働時間 / 稼働率 / 生産数 
 ・・・その他、各種の装置情報

 ※取得情報は、お客様の環境により異なります 


 ◆ご希望により、数十台の規模でのアンドンシステムの構築も可能です◆
  当社は、70台の工程パソコンとアンドンシステムを接続し、リアルタイムでシステムを稼働させている実績があります。
  アンドンシステムへ接続する装置やPCの台数に関わらず、常時1秒以下で全接続機器の情報収集が可能です。
  大量データのリアルタイムデータ処理を行い、圧倒的なリアルタイム性でシステム運用が可能です。
  監視対象を拡げてアンドンシステム運用を希望される場合は、ご相談ください。 


 


システム稼働イメージ






 







Page Top▲





 会社概要  お問い合わせ  個人情報保護方針

  © 2016 NAMBU YOSHITSUNEDO All rights reserved.