南部義経堂
会社概要  お問い合わせ



                                  
NEW>>「生産性向上の重要ポイント」「ポカヨケシステム(オーダーメード型)」


 リアルタイムデータ処理 概要


 開発経緯
 システム運用において、生産性と生産効率を向上させるためには、システムの計算処理を高速に行うことが必要不可欠です。
 生産管理システムやアンドンシステムは、生産工程に接続されたPC間と個別に計算処理を行いますが、計算処理に時間が掛かっていては、
 生産性の大幅な向上が困難です。全工程の接続PCの台数が数十台におよぶ生産体制下では、数秒の時間ロスが生産性に
 与える影響は大きなものとなります。この様な背景から、弊社でリアルタイム性を高めたシステム開発に長年取り組んできました。
 弊社で開発した生産管理システム、アンドンシステムを導入した代表例はPanasonic社で、独自のリアルタイムデータ処理により
 生産性/生産効率の大幅な向上に貢献しています。Panasonic社では、15年以上弊社のシステムが稼働している実績があります。
 高い信頼性と高品質で安定したリアルタイムのデータ処理システムを提供し、生産性と生産効率向上に大きく貢献することが可能です。
 特長
 弊社の開発システムは、大量データ処理に最適とされているC、C++言語で構築しています。
 またシステムには、大量データのリアルタイム処理を実現させる特長があります。
 1. ユーザーに特化したデータベースをC言語で構築し、プログラム内部に保持します。またシステムソフトは、APIにダイレクトにアクセスします。
  これらによりデータアクセスの高速化を実現します。
 2. 独自の高速インデックス処理にて、データ操作を行います。 生産に関わる多様なデータが、随時ランダムに生成される場合、
  独自のアルゴリズムにより、瞬時に各データのインデックス処理を行い、データ操作のスピードはファイルサイズに影響されません。
  また、あるデータを検索する際は、関連するデータの情報も同時に参照することが可能です。
  これらにより、データアクセスを極めて短時間にする処理体系を実現させ、リアルタイム性を高めています。
 以上の特長をもって、リアルタイム性を高めた大量データ処理を行い、この処理方式を弊社の生産管理システム・生産監視アンドンシステム、
 光学薄膜設計解析システムに採用しています。







概要図 1   





概要図 2   







 リアルタイムデータ処理が可能な弊社のシステムソフトウェア



生産管理システム -YPC- Ver.5

・リアルタイムデータ処理機能
1,生産計画立案の自動計算処理
2,データトレーサビリティ等のシステム各機能の計算処理



生産監視アンドンシステム -YAS- Ver.3

・リアルタイムデータ処理機能
1,生産工程に接続されたPCや装置PLCとシステム間の計算処理
2,グラフ変換や情報出力の計算処理



光学薄膜設計解析システム -YCD- Ver.7

・リアルタイムデータ処理機能
1,光の波長解析や光学薄膜設計の計算処理
2,RGB値-Lab値-xyz色度図の相互の変換処理











Page Top▲





 会社概要  お問い合わせ  個人情報保護方針

  © 2016 NAMBU YOSHITSUNEDO All rights reserved.